自己紹介 

垂井町議会議員(2期目)

太田 佳祐(おおた けいすけ)36歳

役職

垂井町議会 文教厚生委員会

<これまでの役職>

垂井町土地開発公社 理事

垂井町議会 総務産業建設委員会 副委員長

まちづくり審議会 審議委員

所属

<議員連盟>

・DX推進議連 発起人

・航空宇宙産業振興議連 設立時メンバー

・HPVワクチン接種推進自治体議員連盟 設立時メンバー

・子どもの事故予防議連 地域対策委員会 副委員長

<地域団体>

・一般社団法人ポリライオン 代表理事

・垂井青年クラブ(49期会長)

・垂井町商工会青年部

・公益社団法人大垣青年会議所

・垂井まちラボ

 

略歴

1985年(0歳)10月5日 垂井町生まれ

1987年(2歳)垂井町立 北保育園(現:垂井東こども園)入園

​1990年(5歳)垂井町立 垂井東幼稚園(現:垂井東こども園)入園

1991年(6歳)垂井町立 東小学校 入学

1998年(12歳)垂井町立 不破中学校 入学

2001年(15歳)岐阜県立 大垣西高等学校 入学

2004年(18歳)花園大学 文学部国文学科 入学

2009年(23歳)株式会社ディスコ 入社 (東京勤務)

2012年(26歳)株式会社ディスコ 関西支社(大阪)に転勤

2015年(29歳)株式会社ディスコ 退職

        垂井町議会議員 当選

2019年(33歳)垂井町議会議員 2期目当選

                

資格

・国家資格キャリアコンサルタント

・産業カウンセラー

・測量士補

・古民家鑑定士 など

趣味

・スポーツ全般(野球、テニス、ラグビー)

・アウトドア(キャンプやバーベキュー等)

・音楽鑑賞

・新しいことにチャレンジすること

・知らないところへいくこと

・伝統文化に触れること

・動画撮影

 

私の想い

18歳で垂井町を出て11年、東京・大阪を始めとした様々な都市で生活をしてきました。外に出て初めて分かったことは、「やっぱり垂井は良いなぁ」ということでした。

今回、垂井に戻るにあたり「この町の未来を作って行きたい」と考えたのが政治家を志すきっかけでした。

自分が好きな町を子や孫、さらにその先の未来にまで繋いでいきたいというのは、多くの方が思うことなのではないかと思います。

私はそんな思いをカタチに出来る仕事は何かを考え、政治家を目指すのがふさわしいのではないかと考えました。どんなカタチが良いかは、自分一人ではなく町民の皆様と一緒に決めていきたいと思います。

政治家というと私も近寄りがたいイメージを持っています。私が目指す政治家は「親しみやすい」「身近な存在」です。

皆さんに身の回りで何か困ったことがあったときに相談に乗れるような政治家になりたいと思っていますし、そんな身近な存在の政治家が一人くらいは居ても良いのではないかと思っています。

また、若い世代の意見を反映させる人材がなかなか居ないのではないか。それなら自分がその立場になって若い世代の声を反映させたい。そう思い、政治家を目指すことにしました。

行動指針

・目先の課題はもちろん、不破郡の75年先、150年先を見据えた政治をします
・選挙だけでなく日頃からみなさんの声を伺い、政治に反映させていきます
・実現が難しい要望の場合でも、解決策や代替案を模索していきます
・積極的に情報発信を行い、垂井町や関ケ原町の魅力を積極的に広めていきます
太田佳祐
太田けいすけ