検索
  • 太田けいすけ

コンテナホテルの実力は??垂井町初のビジネスホテル「HOTEL R9 THE Yard 垂井」の内覧レポート

更新日:3月19日


こんにちは。垂井町議会議員の太田です。

3月30日にオープン予定の垂井町初のビジネスホテル「HOTEL R9 THE Yard 垂井」の内覧に参加してきました。このホテルは「コンテナホテル」という、コンテナを利用した部屋であることが最大の特徴のホテルです。


「HOTEL R9 THE Yard 垂井」については以前、垂井町での開業が決定した際にまとめたコラムへのアクセスが大変多く、皆さんの関心の高さに驚きました。


<過去の記事はこちら>

垂井町初のホテル「HOTEL R9 The Yard」が開業予定!どんなホテルか調べてみた

https://www.otakeisuke.com/post/20210811


そこで今回は、コンテナホテルの内覧の様子をレポートし、宿泊を検討している方の参考にしていただけるようなコラムにしていきたいと思います。


「HOTEL R9 THE Yard 垂井」の概要

「HOTEL R9 THE Yard 垂井」は垂井町宮代地区に開業予定のビジネスホテルです。国道21号線と県道養老垂井線の交わる「宮代」交差点のすぐ西側に位置しており、まさに垂井町の新たな中心地に位置する場所に立地しています。


近くには垂井町役場をはじめ、商業施設や飲食店が立ち並び、宿泊する方が近くで買い物や飲食を行う場所に困ることはありません。(2022年夏には徒歩2分の距離にドラッグストアも開業予定)


自動車でのアクセスは、名神高速道路「養老SAスマートIC」から県道養老垂井線を北進し10分程度、東海環状自動車道「大垣西」インターから国道21号線を西進し10分程度と良好です。

また、鉄道からのアクセスもJR東海道線「垂井」駅から徒歩10分程度と徒歩圏内と言えるでしょう。


公式ホームページによるとホテルの概要は以下の通りです。


施設名:HOTEL R9 The Yard 垂井

(ホテル アールナイン ザ ヤード タルイ)


施設場所:岐阜県不破郡垂井町宮代3046-1


敷地面積:2,805m²(848坪)


オープン日:2022年4月予定


予約受付開始日:2022年3月予定


客室名、定員、室数、広さおよび料金:

ダブルルーム/2名 30室(13m²)/1名 5,000円/泊~/2名 7,000円/泊~

ツインルーム/2名 5室(13m²)/1名 5,000円/泊~/2名 8,000円/泊~


ホームページ:https://hotel-theyard.jp/tarui/




「HOTEL R9 THE Yard 垂井」内覧レポート

それでは、実際の内覧の様子をご報告していきましょう。


ダブルルームのレポート

「HOTEL R9 The Yard 垂井」は全35室からなるホテルですが、そのうち30室を占めるのが「ダブルルーム」です。ダブルとはベッドサイズを指しており、高級ベッドブランド「シモンズ」のダブルベッドが設置されている部屋です。広さは13m²と標準的なビジネスホテルと同様の広さです。


部屋の全景はまさにビジネスホテルといった様子で、コンテナの中にいることは完全に忘れてしまう内装です。ベッドの他にデスク・テレビ・ドライヤー・ケトル・冷蔵庫・加湿機能付き空気清浄機と標準的な設備は全て整っています。また、全室Wi-Fiが装備されています。


「HOTEL R9 The Yard 垂井」の特徴は、チェアがマッサージチェアになっていることです。仕事や移動で疲れた体を癒してくれる装備があるのは嬉しいですね。こういった特徴でも「せっかくならマッサージチェアがあるホテルにするか」と差別化要素になり、素晴らしい工夫だと思います。


防音性に優れる

コンテナホテルの特徴として「防音性が一般的なビジネスホテルより優れている」ことが挙げられます。これは一般的なビジネスホテルが隣の部屋と壁が接しているのに対して、コンテナホテルはそれぞれの部屋が独立しており、隣の部屋との間に空間が存在することから、音が伝わりにくいからです。一般的なビジネスホテルで隣の部屋の物音や水を流す音が気になる方でも、「HOTEL R9 The Yard 垂井」では安心して休むことができるでしょう。

ただし国道21号線に面した立地なので、国道を走る車の振動や音が気になる可能性があります。


ユニットバスは入浴想定のサイズ

標準的なビジネスホテルのユニットバスはシャワー利用が前提となっている設計ですが、「HOTEL R9 The Yard 垂井」のユニットバスは入浴を想定して標準的なユニットバスよりも浴槽が大きなサイズとなっています。仕事で疲れた体を癒してくれるバスタイムを快適に過ごせるのは嬉しいですね。


また、ホテルによってはリンスインシャンプーとボディーソープのみが設置されていますが、しっかりシャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・ハンドソープの4種類が設置されています。私は髪がゴワゴワになるので、リンスインシャンプーが苦手なのでこのアメニティは嬉しいですね。


ツインルームのレポート

5室あるツインルームは、シングルサイズのシモンズベッドが2台設置されている部屋です。

ベッドが増えている分、デスクやチェアがありませんので、旅行での利用などに適している部屋といえるでしょう。それ以外の設備はダブルルームと同じです。


またテレビが壁掛けになっており、向きは自由に変えられます。また、ユニットバスはダブルルームと同じ仕様です。


「HOTEL R9 THE Yard 垂井」の各種設備について

続いて、「HOTEL R9 The Yard 垂井」を利用するうえでの各種装備について紹介していきましょう。


チェックイン・チェックアウトについて

チェックインは一般的なビジネスホテルと同様にフロントで行います。フロント用のコンテナがありますので、そちらへ行きましょう。


チェックアウトの際には自動精算機を使用するので、仕事に行く前の慌ただしい時間帯でも

スムーズに出発することが可能です。


駐車場について

駐車場は30台あり、コンテナの前に直接停められる訳ではありません。駐車場に車を停めてフロントへ移動する。その点は一般的なビジネスホテルと同じですね。


アメニティについて

ナイトウェア(ガウン)・ボディタオル・歯ブラシ・ヘアブラシ・T字カミソリといったアメニティはフロントに備え付けられています。チェックイン時に必要なものを部屋に持参していきましょう。


コインランドリーと自販機



「HOTEL R9 The Yard 垂井」は、洗濯をしたい人のためのコインランドリーが4台設置されています。また、ソフトドリンクの自販機もあるので、飲料が必要な場合に利用可能です。それ以外の買い物がしたい場合には近隣のコンビニやスーパー、ドラッグストアを利用しましょう。


食事はどうする?

旅の楽しみの一つに食事がありますが、「HOTEL R9 The Yard 垂井」はレストランがある訳ではありません。担当の方曰く「地元の飲食店さんを利用していただきたいので、レストランは設けておりません」とのことでした。有難いです。

周辺の飲食店情報についてはフロントで確認可能ですし、以下のサイトを参考にして頂ければと思います。


<垂井町観光協会 「グルメスポットを探す」>

http://www.tarui-kanko.jp/bunya/gou-list/


また、フロントにフリードリンクがあり、軽食(冷凍食品)を選んでフロントまたは自室で解凍して食べることが可能です。


西濃地方で宿泊の方は「HOTEL R9 THE Yard 垂井」へ!

垂井町に新たにオープンする「HOTEL R9 THE Yard 垂井」はコンテナホテルという大変ユニークなホテルですが、その実力は一般的なビジネスホテルに勝るとも劣りません。ビジネスでの利用はもちろん、垂井町や関ケ原町への観光などにもご利用頂ければと思います。


垂井町は魅力がたくさんある町です。ぜひ、「HOTEL R9 THE Yard 垂井」への宿泊を通して、垂井町の魅力に触れて頂ければと思います!






閲覧数:248回